PROFILE
著作権
当サイトに掲載される全てのデータ(文書、画像その他)は、断り書きがないものについては著作権者・アンジュアインターナショナルに帰属しております。当サイトの全部、または一部データを権利者の許可なく複製、改変、公開(ネット上を含む)することはご遠慮ください。 著作権者名、URL、リンク入りの転載は歓迎いたします。
商標権
「ランチデート」「anjour」及びロゴマークはアンジュアインターナショナルの登録商標です。
最近の記事
ARCHIVES
LINKS
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
「私がよく知るシングルの人」同士を引き合わせる、というブラインドデート方式のマッチングを行う、エージェンシー
簡単に言えば、デートの仲介所 で、登録面談や審査、マッチングとデートの計画、などを行っています。
婚活イベントの企画運営は、東京商工会議所他、実績多数。
今、婚活を楽しんでいる方、がんばっているけど結果がイマイチな方、そして以前はがんばっていたけれど今はお休みしている方に向けて、メッセージと情報をお送りしています。

ランチデートTOKYOのエージェントレポート

<< 終了報告☆その2(アンケート集計結果) | main | エントリースタート☆第8回うらやすランチデート大作戦&銀座のXmas >>
日米・恋愛文化比較と外国映画・ドラマの中のブラインド・デート☆その5

シリーズで、ご紹介しております[日米・恋愛文化比較と外国映画・ドラマの中のブラインド・デート]の最終回です。


私・須合の本業は、首都圏にお勤めのビジネスパーソンを対象に、ブラインドデートをご提供している【ランチデートTOKYO】なのですが、これは、アメリカ発祥のサービスです。

でも「ブラインドデートって何?」とよく言われます・・・(;_;)

「ブラインドデート」という言葉は一般名称でありながら日本では認知度が低いですね。 

欧米では健全な出会いのひとつとして一般的なんですよ。
海外ドラマや映画が好きな方なら聞いたことがあるかもしれませんね。

主人公が友達の知人と、当の友達抜きで2人で会う、そんな場面を見たことありませんか?
それが男女であれば、ブラインドデートです。

これは、主に友人や共通の知人を通じて、見知らぬ人同士が2人で会うことです。

この「共通の知人」をスタッフ(エージェント)が代行し、身元確認と独身確認をした上でご紹介するのが【ランチデートTOKYO】です。

詳しくは【ランチデートTOKYO/そもそもブラインドデートって?】をご覧ください☆ http://lunchdate.anjour-intl.com/about_lunchdate/index.html

なぜ「ブラインドデート」をオススメしているのか?結婚相談所のダメなところは?ランチデートは結婚相談所とどこが違うのか?をシリーズでお伝えできればと思います☆ 



==========================================
日米・恋愛文化比較と外国映画・ドラマの中のブラインド・デート☆その5 ==========================================

お付き合いする ・・・好きになった人との関係を友達から一歩ステップアップすることは、日本とアメリカでは異なった感覚があるようです。

アメリカ式恋愛法が、キャリアや夢を追いかけながら、恋愛する気持ちも忘れたくない現代の日本人男女にとって、よりよいパートナーシップを築くヒントになるかもしれません。

また、ランチデート・ジャパンがご提案するサービス、ブラインド・デート、つまり、紹介を通じて未知の相手とデートすることは、日本では聞き慣れないかもしれませんが、海外ではわりと日常生活に浸透している、健全な出会いのひとつであることを、外国映画やドラマの中からご紹介してきました。

過去の記事は、ブログでご紹介しています。

ランチデート☆大作戦・ブログ/カテゴリ[パートナー探し]
 http://uralunch.blog.fc2.com/

☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜

さて、5回目の今回は、日米のマッチングサービス(婚活サービス業界)事情をご紹介。 日米のお相手探しサービスの共通点、相違点を見てみましょう。

 まず、日本の事情として、少し古い資料ですが、2006年に経済産業省が調査した「少子化時代の結婚関連産業の在り方に関する調査研究報告書」こちらの内容と、私・須合が結婚相談所(下記3.にあたる事業者)で経営支援をしていた際に収集した情報や経験をご紹介し、市場の現状、利用者の意識などを見てみましょう。


市場としては、資料より6年たった今、「婚活」「街コン」などの言葉が世に出回り、様々な形態のお相手紹介サービスが出現しているのは皆さんご存知の通りです。

主に、大規模、そして友人同士、といった複数の男女の交流の場、いわゆる「合コン」の形が、この2006年の資料以降、活発になった業態かもしれません。

これまでお相手紹介サービス、主に結婚相談所を利用している、ということは、誰にも言えないこと、業界としても表に出ない、隠れた存在、のように思われていたように思いますが、近年は特に「婚活」という言葉の出現以降、そのイメージは変わりましたね。

参加者の中には、なぜ?なんでイベントにくるの?と思われるような方々、つまり利用しなくてもお相手がいるように思える方が見受けられることは、利用したことがある方なら一度は感じたことがあるかもしれません。

固定化しがちな生活環境で「婚活は、就活と同じく、あたりまえ」な世の中になっているのかもしれませんね。

----------------------
◎日本のマッチングサービス(婚活サービス業界)の分類
----------------------

1.データマッチング型サービス/データ提供業者(8.4%)

 あらかじめ会員が登録したデータに基づいて、結婚を希望する男女に対し、相手を紹介するサービス等。

自分のプロフィールデータと希望条件を登録して、見合う会員情報をもらうもの。
ツバイ、オーネット等の大手はこれにあたります。

お世話をするというより、条件にみあう会員データを提供することが目的なので「データ提供業」といわれます。

2.インターネット型サービス(3.1%)

インターネット上において、会員が自主的な活動により、希望する相手と交際することを支援するサービス等
Yahoo!やエキサイト等はこれにあたります。

3. 仲人・結婚相談型サービス(86.7%)

いわゆる仲人や担当者が、結婚を希望する男女を引き合わせることを目的とし、お見合いのセッティングや交際をサポートするサービス等。

会員自身が会員情報誌と呼ばれるプロフィールデータ集と検索システムを用いて、相手を探す方法を兼用する。

 ※【ランチデートTOKYO】は、これらのどれにも当てはまりません。


◆経営形態

個人:69.3% 株式会社:13.3% 有限会社:11.2%

◆専業度合い
1.専業:64.0%
2.兼業:36%

※兼業事業:ブライダルプロデュース、カウンセリング、宝飾品販売、化粧品販売、その他全く関連性のない事業(個人事業主の中には他の収入源として年金などを挙げているケース多数)


◆サービス内容の充実や信頼性確保の方法

○会員のデータベースはパスワード管理している

○会員のデータベースにはアクセスできる社員を限定している
(特にインターネット型サービス)

○重要契約事項について、入会希望者と読み合わせ、確認印等を取っている
 (仲人・結婚相談型サービス)

※全般的に情報保護に係る項目においてその意識が高くないことがうかがえる。

◆「結婚は自然に巡り会うものであって、積極的に相手を探すものではない」という考え方について

○男性「まったく賛成」(9.0%)、「どちらかと言えば賛成」(41.7%)合計50.7%

○女性「まったく賛成」(8.2%)、「どちらかと言えば賛成」(41.1%)合計49.3%

※男女の違い、年齢層別にも大きな違いはみられない。

◆相手の年収

○男性:「気にしない」85.1%

○女性:「気にしない」21.8%、「自分より年収が高いことを希望」55.7%、「少なくとも何万円以上という具体的な金額がある」18.6%

◆結婚情報サービスなどの利用経験

○男女とも「いずれも利用したことがない」80%

○データマッチングサービス:男性7.9%、女性5.5%

○出会い系サイトが提供するサービス:男性9.6%、女性7.8%

○交際相手との出会いを目的とするパーティーやイベント:男性4.2%、女性6.6%

◆今後どのような点が充実すれば利用を考えてもよいか

○料金体系が透明になること:男女共30%超(最多)

○サービス内容に見合った価格であること

○個人情報が厳格に保護されること

☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜

次に同じ資料から、2005年3月時点の、アメリカのデーティング/マッチメーカー・サービス業についてご紹介します。

------------------------------
◎アメリカのマッチングサービス(婚活サービス業界)の分類
------------------------------

a.マッチメーカー市場(会社組織約950社超、個人事務所約1300超)

マッチメーカーと呼ばれる専門職の個人営業的なお相手紹介業 質問への回答をもとに、その人に合った相手を紹介。 スタッフによる対面式のインタビューはない。

b.トラディショナル(オフライン)デーティングサービス(約220事業所)

実在の事務所を構えて、サービスを提供するお相手紹介業。 チェーンないしフランチャイズ形式のところが多い。

スタッフが対面式でインタビューを行ってプロフィールを作成し、それをもとにマッチメーカーがマッチングを行い、その人に合った相手を紹介する。

c.オンライン・デーティングサービス(ネット上に数千・米国以外の会社含む)

インターネットベースのお相手紹介業。いわゆる「出会い系」も含む。
プロフィールの記入、診断テスト、会員規約・倫理規約への同意、写真(希望によってはビデオ)掲載が完了すると自動的に会員登録される。
自分で条件を設定して相手を検索する。
メールやチャットルーム等のサービスを用いコンタクトをとる。


d.個人広告市場
 
新聞の個人広告枠、独身向け雑誌、ボイスメールなどに、自分の在住地や職業、PRポイントなどの情報と、相手への希望条件などを掲載(登録)し、連絡を待つもの。
連絡先は業者から期限付で借りるメールアドレスや電話番号などがある。

◆アメリカの特長

○必ずしも結婚を前提としたサービスとは限らず、一時的なデートのための相手探しを含んでいる。

○必ずしも利用者に独身証明を求めていない。

○日本では見られないカデゴリの存在
たとえばユダヤ人コミュニティやカソリック信徒、またアジアン、ヒスパニック系など民族的・宗教的、また体型の特長(細いか太いか)や、婚歴や子供の有無、特定の疾病と共に生きる人など、限定されたグループのなかで結婚を仲介するサービスが多種多様存在する。


☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜

日米の特長が少しお分かりいただましたでしょうか? 似ているところもあり、さすが人種のるつぼと感じるサービスもありますね。

アメリカ人調査員の報告によると、ニュアンス的に「デーティングサービス」のほうが「軽いデート」も含むイメージがより強く、「結婚を前提とする」ことを強調する日本のサービスには、「マッチメーカーサービス」のほうが近い感じがする、とのことです。


シングルの方に、スクリーニングされたメンバーとのブラインドデートをご提案している私たち【ランチデートTOKYO】がデーティングエージェンシーと名乗っているのは、日本型結婚相談所の良いところと、アメリカのデーティングサービス(上記b.トラディショナル(オフライン) デーティングサービス)の良いところを組み合わせたサービスだからです。

日本型結婚相談所、というのは「昔ながらの」と言った方が良いかもしれません。

現在の結婚相談所は、業者間で共有された会員データを利用したお相手探しなので、必ずしも自社会員同士ではなく、プロフィールデータの内容しか情報を持っていない、つまり会ったことがない人を紹介する点で、データ提供業と大差ないように思います。

「昔ながらの結婚相談所」とは、必ずしも事業としておらず、会員全員を良く知った仲介人が、会員を信頼して引き合わせる、といったもの。

会員という名の「知人」あるいは「知人の知人」は、知る人ぞ知る、いわゆる市場には出ていないサービスなので、紹介制で集まった人のみ。

課金せずに、老後の楽しみや、人に喜ばれることをしたい、というボランティアで結婚のお世話をしている人も存在します。

仲介人の人脈、人を見定める能力を元にしたハンドメイドマッチングは、釣書(プロフィールのデータ)にこだわらず、面会した際の印象や人柄に着目していく点を【ランチデートTOKYO】では採用しています。


一方、アメリカのデーティングサービスは、事業として成り立っており、告知活動をしてメンバー募集をしています。

初対面同士が会うブラインドデートなので、審査は相当厳しいと言われています。

スタッフが対面式でインタビューを行ってプロフィールシートを作成し、それに基づいて、ハンドメイドでマッチングしていく点を、【ランチデートTOKYO】では採用しています。


アジアンカテゴリーのデーティングサービスを利用した日本人女性が書いた書籍によると、デート場所に現れたのはものすごいハンサムな男性。
しかしコミュニケーションスキルに劣っていたらしく、好意は抱けなかった、との結末が綴られておりました。。(^-^;


これではお互い貴重な時間を使って会いに来ているのに、がっかりですね。。

日本型結婚相談所の良いところと、アメリカのデーティングサービスのよいところ、つまり、必ずしも人の感覚だけに頼らない、事実に基づいた情報をていねいに収集し、その人らしさをインタビューで把握したエージェントが、友人を友人に紹介するように、メンバーを信頼して引き合わせるのが、【ランチデートTOKYO】で行っているサービスです。


審査基準は、
◆初対面の方と会って、気持ちの良いコミュニケーションが取れる方
◆初対面の方とのランチ又はお茶を、楽しく過ごすお気持ちがある方


これは、パートナーとなった後、そしてもしかしたら家族になり、その後の長い期間、夫婦関係、親子関係を共に築いていく二人にとって、チェックすべき最重要ポイントだからです。
(その他にも審査項目があります)


☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜


★結婚は自然に巡り会うものであって、積極的に相手を探すものではない」と感じている方へ・・・

ブラインドデートは、自分でお相手探しはいたしません。
エージェントによるハンドメイドマッチングで、偶然的で必然的、そして運命的な出会いです☆


★個人情報が厳格に保護されているか?が気になる方へ・・・

ランチデートTOKYOは、メンバーの個人情報をデートのお相手に伝えることはありません。
伝えたい情報は、自分で伝えるのがブラインドデートの基本だからです。


★料金体系が透明かどうか?が気になる方へ・・・

【ランチデートTOKYO】の料金体系は、デート成立1件につきの課金システムです。
マッチング後、デート日時場所をアレンジし、デート日にお二人が会えたことが双方から確認できてからのお支払い(月末締め翌月の銀行引き落とし)です。
月会費制ではありません。 ・・・


この人に会ってみませんか? 身元と独身の確認は、こちらでしっかり行いますので、安心して会ってきてください。
会って、自分に合うかどうかを確かめてみてきてください・・・

カジュアルだけど遊びじゃない、そんなパートナー探しのお手伝いをしています。


★首都圏にお勤めの方はコチラ・・・
ランチデートTOKYO
http://lunchdate.anjour-intl.com/index.html

| デーティング期間のススメ | 11:00 | - | - |