今輝いていますか?

 

韓国の平昌(ピョンチャン)で行われていたオリンピックが閉幕しました。

 

そこでアスリートならずとも、一度、いやそれ以上に経験したことがあるかもしれない「どん底体験」。

 

パートナー探しに悪戦苦闘するシングルの方たちとお話しする中で私が思う、どん底から抜け出す一歩について考えてみたいと思います。

 

♪♪♪ どん底から抜け出す一歩は?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

ランチデートTOKYOで、ブラインドデート方式のパートナー探しをお手伝いしている私・須合ですが、パートナー探しに悪戦苦闘するシングルの方たちをたくさん見てきました。

 

自分がイメージする相手になかなか会えなかったり、ついに会えたかと思っても、相手からそう思われていなかったり…

 

色々試したり、時間をかけたり、すこしずつ学びながら、修正をしながら、前進してください。

 

行動をすること、今までと違ったことをすること、そんなちょっとした勇気が、流れを一気に変えることがあります。

 

 

今トップアスリートとして国の代表として堂々とテレビに映る選手たちも、誰しも、最悪の状況に陥ったことが一度や二度はあるでしょう。

 

私だって。

何やっているんだろう?と頭を抱えてトンネルの中にいるような時もありました。

 

今振り返ると、その時に、流れを変えたのが何だったのか、わかります。

 

 

「やりたいことを、やってみる」

 

 

周りの情報や、他人のことはどうでもよいのです。

自分の心と向き合ってください。

 

今、やりたい事。

何をしている時に、幸せを感じるのか?楽しさを感じるのか?

それは、あなたにしかわかりません。

 

自分でもわからない、そんな方は、子供の時の夢や、好きだったことを思い出してはいかがでしょう?

 

純粋だった子供の時に好きだったことは、結構自分の根底に流れている才能かもしれませんよ。

 

 

 

       

♪♪♪ 自分がキラキラするのはどんな時?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

実は、私の子供の頃に、夢は?と聞かれて答えていたのは、学校の先生、でした。

 

なぜなら、そう言うと親や先生が納得してくれるから、だったんです。

 

 

特に先生に憧れていたわけでもなく、教えることに興味があったわけでもなく、当時勉強やスポーツをソツなくこなす子だった私は、いい子を演じていたのかもしれません。

 

それに加え、7〜8歳の私にとって、習っていたピアノとバレエ、そして学校と、関わった大人の職業がそれらの先生くらいしかなかったので、それ以外の引き出しが無かったのです。

 

 

でも、その当時好きだったことは絵をかく事。

物語を作ること。

鉛筆書きで、小さい紙芝居をたくさん作って、家族に見せていました笑。

 

 

大人になった私は、ずっと気になっていた書道を始めたんです。

何かを描く事、それもモノクロで。

やっぱり好きなことは変わってなかったんですね。

 

ようやく賞をいただけるようになり、郵便物のあて名に「先生」とついているのを見た時、小学校の時の夢を思い出し、別の形で実現したな、と感じて、嬉しさと、年月がずいぶん経ったことを思い知りました笑。

 

 

 

 

「こんな人と結婚したい」

「このようなパートナーとの生活を送りたい」

 

そう思い描く自分の心に問いかけてみて下さい。

 

誰目線で考えているか?

 

もし「親を喜ばせたいから」「周りがそうだから」どこかにそんな気持ちがあるあなたは、ずっといい子で常識人だったのだと思います。

 

親を喜ばせることができない自分は間違っている?

そんなことはないですよ。

 

親を喜ばせることが、自分の幸せ?

周りと同じだと、安心?

人生の主人公は自分だということを、思い出してください。

 

 

今、あなたが、楽しく、幸せなことに囲まれていれば、あなたはキラキラ輝いているはず。

 

楽しそう、幸せそうな姿は、きっと親御さんは嬉しいはず。

 

そんな姿は、誰からも魅力的に映るはずです。

 

 

婚活をしているけれど、上手くいかない時は、自分がキラキラしていない時、そう気づくきっかけにしましょう。

 

 

 

平昌オリンピックに出場する選手たちは、きっとこの競技が好き!やってて楽しい!やっている自分が好き!

 

そんな気持ちがなければ、苦しい時期を乗り越えられなかった、続けてこられなかったでしょう。

 

 

さあ、ランチデートTOKYOは、2018年も、あなたが目指す幸せの形を、ブラインドデートで応援していきます!

 

 

 

 

♪♪♪ ランチデートTOKYOからのお知らせ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

隣でお茶している二人はブラインドデートかも?

 

「結婚相手候補」ではなく、お茶やランチをする相手としてふさわしい方をご紹介するのがランチデートTOKYOです。

 

ご紹介は100%、デート成立は98.5%、そしてランチデートをした約80%の方が「またデートをしたい」という理由で連絡先の交換に成功しています。

 

婚活が楽しくない、辛い、でもやめたら出会いはない、楽しくないと思いながらの婚活はうまくいかない…

そんな「スペック」や「写真映り」でお相手を選ぶ婚活がもたらす「負のループ」から抜け出しましょう。

 

◆2017年度実績:登録からご紹介まで最短4日、ランチデートまで最短10日

 

◆婚活ワークショップイベント企画運営実績:東京商工会議所(中央支部)、千葉県浦安市 他多数

 

 

プロフィール非公開型ランチタイムのブラインドデート

【ランチデートTOKYO】

http://lunchdate.anjour-intl.com/

 

| パートナー探し | comments(0) |
このブログ内の関連記事

<< 「ワープを夢見ない」は婚活にも通じる!ロザンの勉強哲学 前の記事| このブログのTOPへ | 次の記事

Comment










03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
profilephoto
New entries
Categories
Links
Archives
著作権
当サイトに掲載される全てのデータ(文書、画像その他)は、断り書きがないものについては著作権者・アンジュアインターナショナルに帰属しております。当サイトの全部、または一部データを権利者の許可なく複製、改変、公開(ネット上を含む)することはご遠慮ください。 著作権者名、URL、リンク入りの転載は歓迎いたします。
商標権
「ランチデート」「anjour」及びロゴマークはアンジュアインターナショナルの登録商標です。
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM