同じ自己紹介を3回も4回も…そんな婚活イベントにウンザリした人の選択肢

一人旅の記憶@鹿児島県与論島(2000年7月)©sugo_ayako

こんにちは。
ランチデートTOKYOのエージェント 須合です。

梅雨の時期ですが、今日は暑いです。
皆さまいかがお過ごしでしょうか。

今日は東京都内で36.7度を記録したそうです。
オフィスにいるとわかりませんが、外はジリジリと真夏の日差しです。

「真夏の暑さ=熱中症にご注意!」というフレーズが必ず聞かれる昨今ですが、思い出すのが中学時代の部活動。

私は、全日本チームのプレーに憧れ、バレーボール部に入りました。


昭和60年前後に学生時代を過ごされた方、覚えていらっしゃいますでしょうか。


体育教師や部活動の顧問の先生、あるいは先輩に「運動中に、水分を取るな」と指導されませんでしたか?!


今考えると大変恐ろしい、命に関わる事なのですが、当時は、水分を取ると疲れる、という先生の言葉を信じて「しごき」と呼ばれる厳しい運動指導に耐えていた方は多かったと思います。


ある練習の日、1つ上の先輩が、炎天下の校庭のバレーボールコートで、顧問の先生の打つボールをレシーブする練習の最中、倒れてしまったことがあります。

急いで日陰に移動させ、冷たい飲み物と、凍らせたタオルを与えられた先輩を、羨ましく思ったのは私だけではなかったでしょう。


後に、後遺症もなく無事に復帰した先輩。

顧問の先生は、コートで倒れたことを、武勇伝のように、あぁなるまでやってみろ的な言いようでしたが、命の危機だったのでは・・・と恐ろしく思い出します。



結果、顧問の先生も上下関係に厳しかった先輩達、そしてバレーボールを好きになる前に退部した私ですが、今でも全日本女子バレーボールは楽しく応援しています。


ちょっとだけ経験したおかげで、プレーの素晴らしさが、よりわかるようになったのが、入部した唯一の収穫でしょうか。


8月5日からのリオオリンピックが楽しみですね!


そして、屋外、屋内ともに、熱中症にご注意ください。
 

 

 


♪♪♪ あなたにとって、日常の楽しみや幸せとは?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

さて、夏休みのご予定は立てられましたか?!


私は、高齢の義母が元気で気力が衰えないうちに、一緒に家族旅行に行く計画をしています。

(8月の後半に夏季休暇をいただきます)


みなさんお忙しいとは思いますが、仕事から離れる時間を作ること、とても大切ですよね。

自分が「心が安らぐな〜」「楽しい!」と感じる時間を作ることは、心身共に、そしてパートナー探しをしている方にとって、とても大切なことです。


日頃私は、ランチデートTOKYOのエージェントとして、シングルの方のインタビューを行っております。

必ずフェース・トゥー・フェースでお会いします。

メールや電話ではわからない、お茶を飲みながら会ってお話しをしなければわからない情報があるのです。


そこで、マッチングのベースとなる過去・現在・将来についてのお話し、主にプライベートのお話しをお聞きします。


必ず話題にでてくるのが「旅行」。

いつ、どこに、誰と、何回行ったか、これから計画しているか、そんなお話しを聞くと、その人らしさが伝わってきます。



過去に「旅行はしない」という方もいらっしゃいました。

長期休暇の取り方、楽しみ方、反対に休暇を取らないのであれば、その理由や別の楽しみ方、それを自分らしさとして自信を持って伝える事ができれば、長期休暇を取っても取らなくても、そこは問題ありません。


困ってしまうのは、「特に理由は無い」「なんとなく仕事で休みが過ぎてしまう」「考えたことがない」といった、その人らしさが不明な会話です。


パートナー探しにおいて、あたりまえですが、自分の事は自分で伝えなければ、目の前にいる人は理解してくれません。

想いはあるが伝えられなかっただけで、ご自身の中には様々な感情や伝えたいことがあったとしても、発しない限り、相手には伝わらず、「何を考えているのだろう?」「何も考えていない人なのかな」と誤解され、その時点で、興味の対象から外されてしまうでしょう。



旅行を含め、自分なりに日常を楽しんでいる人は、会話のコンテンツが豊富です。


エージェントとしても、会話の中からマッチングの要素となるキーワードがたくさん拾えます。


しかし残念ながら、逆の方もいます。


その場合、ランチデート会員への登録は難しいです(登録をお断りする場合もあるのです)。




自分が「心が安らぐな〜」「楽しい!」と感じる時間を作り、小さくても構いません、日常の中に楽しみや幸せを見つけましょう。


それらは、必ず、言動に現れます。


「この人と一緒にいれば、自分も楽しく過ごす事ができ、幸福感、充実感を得られそうだ」という期待感、そして「だから一緒にいたい」という感情がお互いに生まれたら、二人の関係は良い方向に進むでしょう。


梅雨も、夏も、楽しみましょう!



♪♪♪ 会話が苦手な人の、会話のコツとは?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


さて、この「会話」がそもそも苦手、お見合いなどで1対1で会って会話をするのは苦痛、だから婚活はちょっと・・・という方もいらっしゃることでしょう。


「会話」は、必ず、話し手と聞き手になりますね。


人は、「話す時間」と「聞く時間」、どちらが心地よいでしょうか?

そして、2人で会話している時、「話す時間」と「聞く時間」、どの位の割合が良いとされているでしょうか?


2人で分け合うのだから、5:5でしょうか?



答えは・・・



誰しも、自分の話を聞いてもらうことが好き、ですよね。


自分の話を聞いてもらう時間を、心地よく感じるようです。


会話が苦手なあなたも、どんな些細な話でも、つまらない話でも、興味深げに、うんうんと相槌を打って聞いてくれる人がいたら、きっと気持ち良くお話しできると思います。


これまで、そういう場面に合わなかったのかもしれません。



そして、割合は 話す時間3:聞く時間7 くらいが、丁度良いそうです。


たくさん聞いてあげることで、相手は、気分が良くなり、話しやすい相手だと感じてくれるのです。



だから、自分の話をしなければ!と焦る必要はありません。


相手が心地よく会話できるように、良い聞き手であろう、と思って臨んではいかがでしょうか。



そして、聞き手であるだけでは、相手に「自分が何者なのか」が伝わりませんから、聞いたら、同じ質問に対する自分の情報を、少しでも良いので伝えましょう。




♪♪♪ 婚活イベントに向いているタイプは?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


一般的なお見合いでは、自分のプロフィール情報が相手に伝わっており、時にはそれを印刷した紙を見ながら、その内容を確認する会話、そこから派生した会話が続きます。


きっと、
「勤務先は○○なのですね、どんなことをしているのですか?」
とか、
「お住まいは○○なのですね、ご家族は○○、○○、○○なんですね?」

という感じでしょうか。


もう知っている情報を前に、新しい情報が無いかを探ります。


お見合いの度に、同様の会話が繰り返されます。



一般的な婚活イベントも同様です。


複数人が会場に集まり、1対1での会話時間は数分で、時間が来たら声がかかり、メンバーチェンジ。

プロフィールシートを前に、同じような会話を、異性の数だけ繰り返します。



これらのサービスが楽しめる人は、きっと会話力が高く、数分の会話の中でも自分の人柄を伝える事ができたり、相手の良さを見つけられたりするスキルがおありなのだと思います。



社交的で会を盛り上げる能力のある方って、職場や、過去には学生時代のグループの中にも、何人かはいますよね。


そのような方にとっては、効率的な出会いとして、向いていると思います。




逆に、これらのサービスが楽しめなかった、辛かった、でも参加しなければ他に出会いは無い・・・


残念ながら「面接みたい」「尋問みたい」と感じてしまう人は少なくないようです。


こう感じる方は、スキルが低いというよりは、きっと向いていないのだと思います。



何度も同じ話してるな、ちょっとこの人は苦手だな、そう感じる素直な感情に正直なのだと思います。


自分の感情に素直でいられることは、恋愛の場面ではとても重要なスキルと言えます。




お見合いや婚活イベントが、楽しくない、ツライ、疲れる、プロフィールシートを前に、同じような会話を繰り返すのが不自然に思えてきた、と感じている方。


本人が楽しくない事は、相手にも伝わってしまい、上手くいきません。


卒業する時期なのかもしれません。



♪♪♪ あなたはスペック重視?フィーリング重視?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 

 

婚活ワークショップで「自分」の情報を元に会話する参加者@銀座ランチデート大作戦
(2015年10月)©anjour international




初対面の人を前に、楽しく会話するにはどうしたらよいのか、相手に心地よく会話をしてもらうには、どうしたらよいのか。



私が出した結論は、


「自分の(相手が)好きなことを話す」

「自分の(相手が)得意分野を話す」

「自分の(相手が)経験を話す」


です。


これらの中のどれかなら、きっと会話のネタが何も無い、という人はいませんよね?


「好きなことは?」「得意分野は?」「どんな経験を積んできたのか?」といった話題のネタを引き出すために、ランチデートTOKYOに登録希望の方は、インタビューとして、エージェントと面談形式でお話しをします。

同じコンセプトで、参加者の方に「自分」についてを離していただくために、主催する婚活ワークショップでは、参加者全員でワークショップを行い、話題を引き出します。




一方、登録のためのインタビューでは、この話題が1時間では終わらない事が多いです。


お話しが盛り上がり、1時間半〜2時間ということも。

それだけ、自分についてお話ししたいことがある、ということなのですね。

きっと話している時は「雑談」しているだけに感じていることでしょう。

エージェントの私が楽しいときは、この方はランチデートに至った時、良い結果が期待できます。



ここに時間を費やす事が、結果として、会員同士のランチデートの時の会話につながるのです。



それではどうやって、その会話のネタを、デートが実現した時に活かすのでしょうか?


「共通点を探す」これは人間関係を築く上での鉄則ですね。


このきっかけを、ランチデートTOKYOでは、マッチングキーワードとして提供します。


マッチングキーワードがある方に会っていただく、だから初めから会話ができるのです。



そして、その他のプロフィール情報はお伝えしません。


だから、会った時に気になって、尋ねるのです。


これが一番自然で、正確な情報収集の方法です。


他のお相手紹介サービス(結婚相談所や結婚情報提供サービス等)で、登録する時に、「好きなことについて」「得意分野について」「どんな経験を積んできたのか」「ライフスタイルについて」といったプライベートな話題に費やす時間が短い、又は書類に記入するのみ、又は無い場合は、残念ながら会話が弾むかどうかは、後回しのサービスです。


プロフィールデータ(最近はスペックと言われますね・・・家電?車?みたいで私は抵抗があります)でマッチング(検索)するサービスだから、話が合うか、相性が良いか、は初めは重要視していないのです。



自分はスペック重視(お見合い)なのか、フィーリング重視(恋愛したい)なのか、どちらが向いているのかで、サービスを選びましょう。


スペック重視(お見合い)であれば、プライベートな話題をする前に、プロフィールデータを交換できるサービスが向いています。

例えば、勤務先や年収、年齢など、数字や表記できる情報を条件に挙げている方です。



フィーリング重視(恋愛をしたい)は、プロフィールデータを交換する前に、実際に会って話ができるサービスが向いています。


例えば、人は会って話さなければ分からないと思う、顔を含む印象や感覚は写真や文章では分からない、と思う方、数字にできない、表記できない情報を知りたい方、です。


ブラインドデート専門である「ランチデートTOKYO」は、こちらに該当します。



♪♪♪ 会話が人間関係の基本
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


いずれにせよ、パートナーとの日常は、メールや手紙を含む会話(感情のやり取り)がベースです。



食事の時も、旅行の時も。


それが日常であり、生活であり、人生ですよね。



最近、元俳優の夫が覚せい剤取締法と大麻取締法違反の疑いで逮捕された事件で、妻の女優Tさんのお話しをTVで聞きました。



「最後に会話したのがいつだったか覚えていない」



・・・ショックを受けました。



地位も名声もある美男美女夫婦でも、二人の人間同士、心の通い合いが無ければ、縁あって結婚できたのに、危機を迎えてしまう、そう感じた悲しい出来事でした。



みなさんは、どう感じましたか?





今日7月7日は、私がパートナー探しのお手伝いした方達、2組の結婚記念日です。


ご報告を受けた私がどんなに感激したことか!


今でもそのメールを見返すとじーんとしてしまいます。


どうしているかしら?元気かしら?

この日を迎えると、あの感激を思い出し、また頑張ろう!と思えます。


シングルの皆さんに、生涯のパートナーが見つかりますように!

楽しいランチデートの時間が過ごせますように!

 

| パートナー探し | - |
このブログ内の関連記事

<< パートナーとして選ばれるには?選ばれる街になるには? 前の記事| このブログのTOPへ | 次の記事婚活はがんばっているつもり、でも上手くいかない人とは… >>


11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
profilephoto
New entries
Categories
Links
Archives
著作権
当サイトに掲載される全てのデータ(文書、画像その他)は、断り書きがないものについては著作権者・アンジュアインターナショナルに帰属しております。当サイトの全部、または一部データを権利者の許可なく複製、改変、公開(ネット上を含む)することはご遠慮ください。 著作権者名、URL、リンク入りの転載は歓迎いたします。
商標権
「ランチデート」「anjour」及びロゴマークはアンジュアインターナショナルの登録商標です。
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM