PROFILE
著作権
当サイトに掲載される全てのデータ(文書、画像その他)は、断り書きがないものについては著作権者・アンジュアインターナショナルに帰属しております。当サイトの全部、または一部データを権利者の許可なく複製、改変、公開(ネット上を含む)することはご遠慮ください。 著作権者名、URL、リンク入りの転載は歓迎いたします。
商標権
「ランチデート」「anjour」及びロゴマークはアンジュアインターナショナルの登録商標です。
最近の記事
ARCHIVES
LINKS
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
「私がよく知るシングルの人」同士を引き合わせる、というブラインドデート方式のマッチングを行う、エージェンシー
簡単に言えば、デートの仲介所 で、登録面談や審査、マッチングとデートの計画、などを行っています。
婚活イベントの企画運営は、東京商工会議所他、実績多数。
今、婚活を楽しんでいる方、がんばっているけど結果がイマイチな方、そして以前はがんばっていたけれど今はお休みしている方に向けて、メッセージと情報をお送りしています。

ランチデートTOKYOのエージェントレポート

<< 東商新聞で紹介されました | main | 婚活&妊活セミナー開催のお知らせ >>
シングル時代に「妊活」意識していますか?

こんにちは。

ランチデートTOKYO 須合です。
 

みなさま、お盆休みをいかがお過ごしでしょうか。
帰省している方も多いかもしれませんね。
 

そして仕事柄関係ないのです、という方も多いことでしょう。




さて、今回は「妊活」について触れてみたいと思います。

「妊活」とは、「妊娠」という言葉が入っているせいでしょうか、既婚女性対象の場合が多いように思います。
 

そのため男性は無関係と思っているかもしれませんね。

またシングルの女性も、「結婚の方が先だから」と、「妊活」はまだ先と思っているかもしれません。
 


デーティングエージェンシー「ランチデートTOKYO」で多くのシングルの方とお話しする機会がある私・須合ですが、登録インタビューの際に「自分の子がほしい」と意識している方は男女共にいらっしゃいます。
 

自分にパートナーがいて、二人が望めば、すぐにでも自分の子はできるのでしょうか。

男性は高齢でも、女性が若ければ、子はできるのでしょうか。

子ができないとしたら、その原因は女性にあるのでしょうか。

・・・どれも正しいとは言えません。

 

「これまでの日本の性教育の不十分さは反省すべき」と、ある産婦人科医が指摘していたのを、情報番組で知りました。


そこで自分が高校の授業で受けた性教育を思い出してみました。
 

私は今40才代ですが、その頃の教育内容は、記憶に残っているのは、子ができる仕組み、そして避妊と性病と人工妊娠中絶の話です。

「子供ができたらタイヘンなことになる」という固定概念が形成され、何十年も、自分の人生に影響を及ぼしていたように思います。
 


核家族で過ごした10代の私には、残念ながら、子を産むことに、明るく楽しいイメージは持っておらず、それ以上に自分が将来結婚して家族を作る当事者である意識が、全くありませんでした。
 

「妊娠適齢期」という言葉も、10代〜20代では耳にしませんでした。

 


その時期「将来どんな仕事をしたいのか」を考えると同時に、自分のライフプランを考える機会があったら・・・今とはちょっとは違っていたかもしれません。
 

そのような話題や経験に触れる機会なく、学校では社会に役立つ人材になるために勉強し、そして就職し、親から離れて働き始めたら、これまで勉強優先で彼・彼女との付き合いに目くじらを立てていた親が、急に「結婚は」「子供は」と、手のひら返し・・・と戸惑いを隠せない、シングルの話は時々耳にします。
 

漠然と、またははっきりと「将来自分の子が欲しい」と考えている人は、男女共に「妊活予備軍」ですから、情報を収集する必要があります。
 

マスコミが、話題性で選ぶニュース(例えば芸能人が50代でパパになった話題や、高齢出産など)には、情報の偏りがあるので、注意が必要です。
 

専門家による正しい最新情報を得ることが大切です。

 


というわけで、意識して妊活情報を集めている私は、先日8月1日(金)に、東京医科大学病院で行われた「第32回日本受精着床学会・学術講演会/市民公開講座・頑張れ!妊活」に参加し、最新情報を得てきました。


食生活、栄養学の最新研究結果から見た妊娠しやすさ、卵巣への影響、体の酸化・糖化など、男女共に、健康な体作りやアンチエイジングに関係する最新情報は、毎日の食事で、今日からすぐに取り入れられる情報として大変興味深い内容でした。



またトークショーのゲストとして、ロックシンガー ダイアモンド・ユカイ氏が登壇し、彼の不妊治療(妊娠するための治療)とその時の感情、パートナーとどのように乗り越えてきたかなどのお話しがありました。
 

彼は、ご存知の方もいらっしゃると思いますが、2011年に自身の不妊治療と夫婦の愛と葛藤の日々を綴った「タネナシ。」を発刊されています。

このタイトルからわかる通り、男性不妊治療の体験談です。

 

シングルのみなさんのうち、将来自分の子が欲しいと考えている方へ、この時の最新情報を含め、今自分は何を知っておくべきか、どのように考えていけばよいのか、など情報をシェアしたいと考えています。
 

今回は、ご希望の方へ顔の見える距離でお話したいため、セミナー形式で行いたいと考えています。

 


日時は、2014年9月13日(土)女性限定13:00〜/男性限定14:15〜

場所は、ランチデートTOKYOの銀座オフィス・セミナールームです。



参加申込み受付の準備が整いましたら、またお知らせいたします。
ご興味がある方は、予定しておいてくださいね。



〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜

 

さて私・須合は、8/15(金)〜17(日)のお盆休み中、東京・深川八幡祭りに参加してまいります!
 

参加する方、見物に行く方、いらっしゃるかもしれませんね。
 

本来は3年おきの本祭りですが、2012年が、前年の大震災の影響で1年先送りされたため、今回その修正として2年ぶりの開催となります。
 


このワクワク感は何なんでしょう!
自分が担ぎ手になるなんて、なれるなんて!

この嬉しい気持ちや、見ず知らずの多くの人たちが、数トンもある神輿を担ぐ一体感は、何なんでしょう!




忘れていたその気持ちの根源を思い出すために、2012年の本祭りが終わった後に書いたブログ記事を見返してみました。



「3年に一度、お祭りが巡ってくる年に、こんな風に、先代・先々代の歴史や想いを、一枚のハッピから想像したり、話を聞いたりしながら、「お祭り」は引き継がれて行くのですね。

(略)

イベントだから好き、なのではなく、大切なものを任されているから頑張れる、私がやる!と言いたい、そんな気がします。」

 

◆ランチデートTOKYOのエージェントREPORT
「深川八幡祭りに参加してきました☆」
(2012.08.14 記事)

http://anjour-intl.jugem.jp/?eid=106

 

家族や地域コミュニティーの結集の場、今回も笑ったり、泣いたり、怒られたり(←暴走する神輿も!笑)数々のドラマが、あちこちで巻き起こることでしょう。
 

参加する皆さん、見物の皆さん、くれぐれもケガの無いように、熱中症には注意して、豪快な水かけと威勢のよい53基の神輿連合渡御を楽しみましょう!

| パートナー探し | 11:00 | - | - |